Being on the Road ! in Hatena

タイトルは沢木耕太郎「深夜特急」トルコ編の「禅とは,途上にあること」という台詞から.

の・ようなもの

森田芳光=監督,1981年日本
秋吉久美子伊藤克信
70年代最後くらいの,落語修行する若者たち,ソープ嬢落研の女子高生の素顔を描いた群像劇.もうなんとも言えないユルさ.肩の力が抜けた,それでいてスタイリッシュな映像である.主人公の落語家二つ目,志ん魚(しんとと).演じた伊藤克信さんの棒読みは最初「?」なんだけど,だんだんリアリティを感じてもう,ドキュメンタリーじゃないかと思ってしまうくらいの迫力があった.
あの時代の若者って,まじめに,がむしゃらにやるのはカッコ悪いってのがあったと思う.「ケーハク」(←敢えてカタカナ)でわざと今の自分に向き合わない.それが葛藤になるのだけれど,その雰囲気がとてもとても共感できる形で描かれていた.
主人公は23歳.この映画,私が23歳の時に観たとしたら全然共感できなかったと思う.ソープ嬢と付き合ってて女子高生ともデート,気持ち悪っ!って思っただろう.今は違う感想で,落語家の卵たちの他愛のない会話が切ない.自分を直視するのを避けていて,その一方で内面にひりひりするものを抱えている・・・ああ切ない!でもこの映画はそこを軽く描いて進んでいくのよ.温かくもあり淡々していて,そこがオシャレ感を出しているのかなあ.
今見ると貴重な映像.まず,若いころの関根勤(当時はラビット関根),小堺一機,彼ら,若いころからいい顔してたな~としみじみ.リアルタイムで見てたけど,改めて見るのもよいものである.内海桂子内海好江も必見(キャラ変わってない(笑)).そして三遊亭楽太郎(今の円楽ね).当時から有名だったと思うけど,この映画でも売れっ子の若手落語家役で,マンモス団地の駐車場にてマイクを持って地元の店のコマーシャル(その団地の住人だけが聞けるラジオの生放送).秋吉久美子もとにかく可愛い.
東京下町の,人の気配がこれでもか!と感じられるあったかい風景も貴重映像と言えるだろう.当時の団地にはとにかく人がたくさんいた.ラジオカーが来ると,人が,それも主婦と子どもが,わんさかうじゃうじゃ出てくるの.私も団地に住んでいたから分かる.
墨田区あたりだろうか,商店街の装飾がにぎやかなこと.都電荒川線東武伊勢崎線堀切駅・・・この2つは今もそんなに変わってない.東武伊勢崎線始発が朝靄の中,浅草駅を出発.この風景も車両の型式が違うのを除けば,そんなに変わっていない.
女子高生の”彼女”の父親から落語をけちょんけちょんにけなされた志ん魚は,終電がなくなって堀切から鐘ヶ淵,隅田川を渡り浅草の下宿に歩いて帰る.そのロードムービー感たるや.私も東武伊勢崎線ユーザーだったり,曳舟で家庭教師していたこともあり,東京のこのあたりの雰囲気は大好きで,都内随一だと実感している.例の「うんこビル」に建て替わる前のアサヒビール工場とか「昔こうだったのか~」と風景に目を奪われる.そんな夜の街で一人,「道中づけ」をする志ん魚さん.道中づけとは,歩きながら見える風景を落語の口上よろしく描写していくこと.これが,志ん魚さん妙に上手いの.さっきお父様の前で披露した落語は何だったの,ってくらい上手いの.下町だから川が多くて橋を渡る回数も多いけど,橋の上を歩きながらの道中づけ,素晴らしい構図だった!そういえば,この切り取り方「3月のライオン」ぽい,もちろん時代は違うのだけれど.
最後は,先輩落語家の志ん米が真打昇進ということでお祝いの宴(水上ビアガーデン)のシーン.志ん米を演じた尾藤イサオがエンドロールでパッと微笑む,そんな劇中劇感も,ふわふわさせてくれた.
ああ,Viva東京!Viva若者!ってことで,しんとと,しんとと.

他人の書いた論文の,他人の取ったデータをもとにデータ解析

科学者の中にはよく,「他人の取ったデータは信用ならない」という人がいるんだけど,これからはそうも言ってられなくなるんじゃないか,というお話.
自分でデータをすべて取るのは,研究費も少なくなってきてるし,しょせん自分の出せるデータは限られているから(そのデータを何に使いたいかにもよるが)限界がある.もっと,他人の取ったデータ,例えば国の統計とか観測値とかを使って,自分のオリジナルな解析をして,論文を書く習慣ををつけたほうが良いと思う.
こう思うようになった理由は,一度取って,論文になったデータが,その後全く活用されてないから(たとえば,環境中の化学物質濃度データとか).死蔵そのものだ.
ビッグデータ時代で,そんなデータの「お里」なんて知らなくても数ありゃ何とかなる!って思っている人も多いけど,解析に一番大事なのはデータクリーニングですよ!(何でもかんでもあるデータ放りこんで,という解析で何か言えたとしても,それは何も言ってないのと同じだからデータの素性をつかんでおくのは大事!)だから,人のデータと仲良くするスキル大事だと思うんだよね.
そのために,人のデータを読み解くリテラシー「どんな条件で」「何を知りたくて」「何が測れてなくて」というのを書誌情報から読み取り,Aには使えるけどBには使えない,という判断ができないとだめだと思う.しかし,こういう教育は博士課程でもしないような気がする.データの取り方(実験器具のセットアップ)と解析方法しかならわないよね.このデータで言える限界,という観点での教育は受けたことない・・・気がする.

ラガーン

アシュトーシュ・ゴーワリケール=監督,制作:アーミル・カーン,2001年インド
めっちゃ面白い!!
アーミル・カーンって,きっとスポコンものが好きなんだね.クリケットのチームを作るときに,一人一人仲間を増やしていく(まるでプリキュア).説得と友情,インド映画にもこういうのあるんだなぁ.この設定は2001年当時としてはかなり新しかったのではないだろうか.
ラガーンは,ヒンディー語で「年貢」という意味.
舞台は19世紀末,ヴィクトリア朝時代のイギリス領インド帝国(たぶん,デカン高原パンジャーブのどっちか,って言ってた).その地は,イギリスとインドの王様(領主)が半々で治めていて,農民は当然,年貢を両者に払わなければならない.その年は干ばつで全然作物が取れない.イギリス将校が悪い奴で,王様を侮辱するような無理難題を吹っ掛け,その無理難題を聞き入れなければ年貢を前年の倍にすると.それは困った,と農民.直談判に出た.将校は「クリケットで農民チームが私たち(イギリス人チーム)に勝ったら3年間年貢なし,その代わりに負けたら年貢2倍」という条件を出した.これはズルい!なぜなら農民たちはクリケットのルールを知らない,そもそもやったことがないからだ.イギリス将校たちはインドに来て(暇なもんだから)毎日クリケット三昧なのにー!アーミル・カーン率いる農民チームは,イギリス将校の妹の手助けを得つつ,仲間との友情・信頼をキーワードにクリケットの練習に励む.最後はどちらが勝つのか?
お約束すぎるストーリーだが,めっちゃ面白かった.まず,クリケットのルールを知らなくても楽しめたことが良かった(だんだんわかってくる).将校の妹が最初全然ヒンディー語喋れないという設定だったのに1週間くらいで急にうまくなっているとか.一人一人仲間を増やしていくプロセスも興味深くて,それぞれ捕球の名手,送球の名手,走塁の名手など,秀でている才能があって!最後にはアンタッチャブルを仲間に入れるんだが,案の定反対意見が根強い,どうやって皆を説得するかとか.そして裏切り者(スパイ)が密告,しかし最後には和解し…とかもう少年ジャンプの世界だ!でもなんだかんだでアーミル・カーンがモテモテとか(笑).
この映画,220分と長いのでダンスシーンでは適宜トイレに行ったり,自分も歌ったりして,余裕をもって楽しみましょう!ってところです.

性別の表現が多様だ(メモ)

最近答えたアンケートの選択肢をみて,性別が5択になっていることを記録しておこうと思った.
「Non-binary/third gender 」が包含する範囲が広いのは特筆すべきことだね.日本語だとどう言えばしっくりくるのだろう?
「Prefer to self-describe」は,従来「others」でひとくくりにされていた部分を温かい表現に言い換えたものらしい.
インクルーシブ,インクルージョン,とはよく聞くけど,「理解しやすく」「誰もを包み込める」表現ってなかなかないものだなあと思う次第.
***
Q:What is your gender?
A:
Female
Male
Non-binary/third gender
Prefer not to say
Prefer to self-describe
***

グリーン・ブック

ピーター・ファレリー=監督,2018年米国
飛行機内で,英語字幕で観た.そのため完全に内容を理解できたかは心許ないが,イタリア移民の運転手と黒人のピアニストが演奏旅行の中でだんだん通じ合っていくロードムービー,面白かった.
1962年のアメリカ,人種差別がひどすぎて目をそむけたくなる.黒人ピアニストはめっちゃエリートなのに,白人と一緒のレストランで食事ができない,「それは決まりだから」の一点張りは本当に頭がおかしいとしか思えない.

女子という呪い

雨宮処凛=著,集英社
ガチフェミ,だが教義に凝り固まることなく,半径10mに目を向けているので,共感できる.
なぜ女なら○○でなければいけないの?おかしいことはおかしいと言う.もっと自分の生きたい方向性を追求してよい.
ゴスロリ衣装が,モテとは無縁である一方で自分を守る戦闘服になっている,っていうのは面白い.
家庭科男女共修は,日本に大変革をもたらしたと確信.(1993年に中学,1994年に高校)1980年以降生まれの男子は,自然に家事ができる(もちろん全員じゃないけど,その割合が顕著に高いことは肌感覚として思う)

住職という生き方

蝉丸P=著,星海社新書
・弔いのステップをきちんと踏まないことは別の方面で結局コストが高くつく,理由は故人とけじめをつけることを曖昧にしていると,別の勢力がその”弱み”に付け込んでくるから.「あなたが上手くいかないのはお葬式をなおざりにしたからですよ」と.
・ヒッピームーブメント,これは「良き父,良き母,良きアメリカ」への反抗.必然的にスピリチュアルに走る.スピリチュアルは教義なし,オレが見たものが全てで,それは説得力がない.
・ワンストップで仏教が分かることへのニーズ.「そのご要望ならこちらの方へ」という指南.今の仏教には,理解の入り口を見つけやすくする補助線が欠けている.そのためにテクノロジーをうまく使う.
・お寺がつぶれる?直葬?葬式システムの崩壊?いや,メディアはあくまで東京目線.このような論調は鵜呑みにせず3割に割り引こう.団塊の世代の悪影響もある.
気づきも多く,勉強になったが誤字脱字が多かったのは残念.校正者,ちゃんと校正しているのかな?